2年半ガチで使い倒して分かった「本当におすすめ」のマッチングアプリ
シャンクレール攻略

【シャンクレールの評価・レビュー!】どこよりも詳しい婚活パーティー『シャンクレール』の評価・口コミ・評判・料金まとめ。

シャンクレールはゼクシィ縁結びパーティーを代理で運営していたり、しっかりとした実績のある運営会社が開催している婚活パーティーです。

筆者まぐまぐも実際に参加してきたので、良かった点・悪かった点など詳細に解説していきます!

シャンクレールの良い所

男女共に平均点くらいの、出会いに真剣で、真面目そうな方ばかりだった

<シャンクレールに参加していた男性像>

筆者が参加した会では、男性の年齢は27歳~38歳くらい。

ルックスに関しては、一緒に参加とか勘弁してくださいよ~(泣)というレベルの、めちゃめちゃイケメンという人はいませんでした。

ですが、普通に男性としてかっこいいレベルの人はいました。特にマッチングしていた男性の一人は、顔立ちが結構整っており、髪型などもお洒落に気を使っているな、と感じる男性でした。

男性のファッションはTシャツスタイル、カジュアルで控え目な柄の入ったシャツ、ジャケットの人。

平日の仕事終わりという事でか、スーツの男性も数人いました。

<シャンクレールに参加していた女性像>

ホワイトキーに来ている女性を、さらにもう少し若くしたような印象でした。

女性誌でいえば、MORE(モア)やwith(ウィズ)、CLASSY(クラッシィ)、andGIRL(アンドガール)といった雑誌に載っているような、ファッション・恰好の女性が多かったです。

今回印象的だったのが、参加女性が22歳~33歳となっていましたが、殆どが20台でした。

覚えている限りでは、22歳、23歳、24歳、27歳、29歳、30歳、33歳の方がいらっしゃいました。特に27歳までの女性が7割くらいを占めており、絶対に20台の若い女性がいい!という男性なら、シャンクレールはピッタリかもしれませんね。

筆者とマッチングした女性などは友人と来ており、その女性も友人も、なんと22歳でした。筆者の第一希望の女性ではなかったのですが、メッセージカード(後述します)を積極的にく(若すぎて逆に何を話していいか分からないレベルの若さです。苦笑)

ルックス・可愛さのレベルですが、筆者の参加した会では、

誰が見ても超可愛いレベル:1割
普通に可愛いレベル:3割
普通なレベル:3割
ちょっと…なレベル:3割

という感じでしたね。若くて可愛い女性が普通にいらっしゃいましたが、正直こ、これは…というブサ…自主規制 という方もやや多めでした。(3割くらい)

こればかりはどの運営会社の婚活パーティーでも運の要素があるので、シャンクレールが特別いけてないだとか、そういう事ではないと思います。

女性のファッションは、他の婚活パーティーと大きな差はなく、ワンピースやキレイ目カジュアルな人が多かったです。

ただ、筆者が参加したシャンクレールの会では、キャリア女性が選ぶようなキレイ目ファッションというより、20台の女性ならではの可愛らしさのあるファッションの方の割合が、やや高かったように思います(白や黒のワンピースに、花柄の刺繍のあるような服など)。

プロフィールカードを見て相手と話せる

受付を済ませたら渡されるプロフィールカードに、自分の年齢・身長、年収、PRしたい事などを記載します。

このプロフィールカードは、お相手と話す際に、一人一人と毎回プロフィールカードを交換しあって、お互いの情報を見ながら話を進めて行きます。

殆どの1対1会話式の婚活パーティーで採用されているこのプロフィールカードのシステムですが、やはりお相手の情報を見ながら話せるのは有り難いです。

プロフィールカードは全て記入しよう。
プロフィールカードは全ての項目を記入します。お相手に本気度が伝わりますし、拾ってもらえる情報が多いほど、会話が弾む可能性が上がります。このプロフィールカードの記入は手書きで、思いの他時間がかかる事もあるため、会場に少し早めに着いておいて、席に着いたらすぐに記入を始めるのが良いでしょう。

シャンクレールのプロフィールカードでは、他の婚活パーティーになかった項目として「自分が好きなNO.3」という項目があり、少し悩みましたね(笑)。(筆者は最終的に好きな食べ物NO.3にしておきました)

また、女性のプロフィールカードを見ていて気づきましたが、女性は年収欄のところがなく、代わりに「得意料理」となっていました。

ここが空欄の女性もいらっしゃいましたが、「私は料理は出来ません」「料理なんてしません」という雰囲気が漂ってしまいマイナスです。

男性は大体女性は料理が出来て当たり前と思っている方も多いので、ここは例え嘘でも「ハンバーグ」とか「カレー」くらいには書いておいたほうが男性ウケするでしょう(笑)。

折角お金と時間を費やしてきているのですから、男女ともに、つまらない所でお相手に減点されないようにしたいものです。

料金は普通だが、Web割で男性-1,000円、女性-500円の割引が受けられることも

気になる料金ですが、男性は4,000円~5,500円くらい、女性は1,000円~2,500円くらい。他の婚活パーティーと同じくらいと言えるでしょう。

女性はやはり安いですが、男性も1回友人や同僚と飲みにいくのと同じくらいの料金で、15人くらいの女性と話せ、連絡先交換できるチャンスがあると考えれば、十分にお得と言えます。

また、シャンクレールはWeb予約での割引がやや高く、男性は-1,000円になる場合も多いようです。

参加予約は、電話よりもWebから予約した方が絶対にお得です。

シャンクレールのクーポンの使い方
Web予約を完了すると、クーポンコードが表示されます。これをスクリーンショットなりで控えておき、当日受付の前に、入口で記入する「エントリーカード」というカードの、「クーポンコード」欄に手書きで記入します。これを受付で見せると、割引が適用された金額を請求してくれる、という流れになります。

15:15や、20:20の半個室スタイルで、お相手と1対1で集中して話せる

筆者が参加した会では、男女比はほぼ1:1に調整されており、参加人数も女性16人くらい。

半個室で集中しながらも、テンポよくたくさんの女性と話すことができ、満足度は高かったです。

参加する会によっては他にも大人数でよりテンポよく横にスライドしていったり、男女がグループになって行う合コン風のスタイルもあるようでした。(筆者は合コンスタイルは苦手なので、半個室スタイルに落ち着きました)

運営やスタッフの接客なども、十分合格点。

スタッフの接客クオリティは普通に感じよく対応していただけ、概ね満足です。

進行は直接スタッフがマイクで話す場面などを減らし、会場に音声でのガイドを流し効率化されているようでした。

(筆者が参加した他の婚活パーティーでは、毎回スタッフの方がマイクで説明されていました)

半個室が結構広めで外の状況がわかりにくく、音声ガイドな事も相まって、退室のタイミングなどはわかりにくいと感じました。

最後の退室はあわただしく急かされ、そこは少しマイナスポイントでした。

ちなみに、筆者の個人的な接客クオリティーは、運営会社順にすると下記のような感じです。

評価高

パーティーパーティー 90点
ナチュラル・スタイルパーティー 85点
シャンクレール 85点
ホワイトキー 80点

評価低

参考にしてみてください。

フリートーク無しでマッチングするから、ラクチン。

基本的に、フリータイムは不要というのが筆者の考えです。

フリータイムに話せた人とそのままマッチングして、その後や後日にデートする流れになれたときには、
フリータイムで長く話しが出来たおかげで「あれ?イメージと違う」というミスマッチが減るメリットはあるでしょう。

ですが、本命、第2希望、第3希望の相手が同じ会場にいる中で、本命のお相手と話に行ったとします。

本命の方がもしもあなたを選んでくれなかった場合、第2希望、第3希望の方は折角あなたのことをいいなと思ってくれていたとしても、

フリータイムのときに来てくれなかったしなぁ、などとがっかりさせてしまう可能性があります。

また、フリータイムが長いと会そのものの時間も長くなるので、正直疲れも出やすくなります。

その点、シャンクレールはフリータイムが無いのが良いと感じました。

自由にLINEなどの連絡先を渡せる

シャンクレールで一番良いと思ったのが、ここです。

全員とのトークが終わったタイミングで、気になる方に渡せるメッセージカード(2枚まで)と、
各半個室にある「友達カード」を使えば、理屈上は全ての異性に連絡先を渡す事も可能です。

実際には友達カードをすべての人に渡すのは時間の制約上難しいですが、
早めに会場について、自分の半個室ブースにある友達カードに連絡先を書いておいて、
移動しながら気になるお相手に友達カードを渡して行けば、かなりの人に連絡先を渡すことは出来るはずです。

筆者は終わった後にこの方法に気付きましたが(笑)、事前に友達カードを何枚か書いておけば、効果的にお相手に自分の連絡先を伝える事ができます。

結局婚活パーティーではマッチングしようがしまいが、連絡先交換をしてまた会う事が出来なければ、お金を捨てたも同然という事になります。

婚活パーティーの初めのゴールは、希望の相手と連絡先交換して、次のデート日程を決める事です。

そう考えると、このシステムがある事だけでも、シャンクレールの婚活パーティーに参加してみる価値は十分にあります。

まとめ。シャンクレールはおすすめ!他のパーティーと併用すると一層効果的

シャンクレール

シャンクレールでパーティーを探す

シャンクレールは男女比よし、参加人数15名以上の会多し、友達カードによる連絡先交換自由、など、お相手とマッチングしてもしなくても、とにかく次に繋げやすい婚活パーティーです。

会場は駅チカで、平日でも遅くまで(19:30開始や、21:15開始など)連日多数のパーティーが開催されているため、仕事帰りにサクっと寄って時間を有効に活用できるのも良いです。

[btn class=”rich_pink”]→ シャンクレールでパーティーを探す[/btn]

White Key(ホワイトキー)

ホワイトキーでパーティーを探す

筆者が初めて参加した婚活パーティーもホワイトキーでした。男女20:20以上のイベントも多く、半個室スタイルから、壁などのない広い会場での1:1対面 大人数スタイル、合コンスタイルまで、様々なスタイルを選べます。

初めに全員とトークが終わった後で中間の印象値を提出しますが、これによりフリータイム前にどのお相手が自分に好印象を持ってくれたのかが分かります。

これを踏まえて男性→女性、女性→男性とフリータイムがあるため、お相手とじっくり話したい、マッチング後のミスマッチを減らしたい方には良いと思います。

連絡先交換はマッチングしたお相手とするのが基本ですが、連絡先交換が禁止されていない会であれば、初めのトークの際に連絡先を渡すこともできなくはありません。また、有料ですが、パーティー終了後にWeb上からお相手に連絡する機能も利用できます。

[btn class=”rich_pink”]→ ホワイトキーでパーティーを探す[/btn]

ホワイトキーでは、実際にしっかりとお相手とマッチングしたり、連絡先交換する事が出来ます。

パーティーの選び方のポイントですが、運営がしっかりしている、男女比が1:1に近く良心的なこと、マッチングしなくても連絡先交換が出来る(連絡自由)、一回の参加人数が出来れば10:10以上のものを選ぶとお相手を見つけやすいと思います。

また、筆者が最も効率よく、頑張りすぎずに、お相手を見つけられる角度が高いと考えるのは『PARTY☆PARTY』です。

ホワイトキーと同時に、『PARTY☆PARTY』をはじめとする、下記の婚活パーティーを併用してみるのも良いと思います。

PARTY☆PARTY(パーティーパーティー)

PARTY☆PARTYでパーティーを探す

PARTY☆PARTYは、筆者の経験上一番女性とマッチングしやすく、結果に結びつきやすい婚活パーティーです。

スタッフの方も誠実で、同性とも顔を合わせにくく、iPadを利用し余計な手間を省いているため、お相手との会話に集中しやすいのが特徴です。初めてで勇気が出ないという方にも文句なくオススメできる婚活パーティーです。

[btn class=”rich_pink”]→ PARTY☆PARTYでパーティーを探してみる[/btn]

ナチュラル・スタイルパーティー

ナチュラル・スタイルパーティーでパーティーを探す

30年近い実績があるため、きちんとお相手と出会えます。会場はホテルの一室やオシャレな公共施設、人気の飲食店などがあり、トーク中はお相手とも横並びのため、リラックスした雰囲気の中で話せる点が良いです。

ナチュラル・スタイルパーティーの良い点は、Webページから無料で会員ログインして利用できる「アフターパーティー」という機能から、マッチングしていてもしていなくても、気になる番号のお相手に短いメッセージで連絡が出来る点です。

[btn class=”rich_pink”]→ ナチュラル・スタイルパーティーでパーティーを探す[/btn]

婚活は、アプリを併用するとより効果的

婚活パーティーでは、まずはお相手と実際に会ってから関係を深めていくことが出来るのが最大のメリットでしょう。

しかし、お互いに好印象でマッチングしても、その後お茶をしてみると性格や考え方、趣味嗜好、連絡の頻度やライフスタイルなどが合わず、2回目のデートまでに連絡が途絶えてしまうことも多々あります(筆者も何度もありました^^;)

恋活・婚活マッチングアプリなら、逆に先にお相手の性格や考え方、趣味嗜好などを確認した上で会う事ができます。

会うまでわからない事が多いのも事実ですが、筆者の経験では婚活パーティー同等か、それ以上に高い角度で理想のお相手を探すことも可能です。(実際にOmiaiやゼクシィのアプリで、相性の良い彼女を見つける事が出来ています)

また、婚活パーティーはその日その瞬間にあなたが物理的にその会場に居る必要がありますが、恋活・婚活アプリなら登録しておくだけで、あなたが寝ている間、仕事をしている間でも、お相手に見つけてもらえるメリットがあります。

つまり、婚活パーティーとマッチングアプリはお互いに苦手なポイントを相互に補い合える関係にあります。婚活パーティーだけでなかなか結果が出ない場合は、マッチングアプリも利用してお相手探しの角度を高めてみてください。

恋活アプリで一番おすすめなら『Omiai(オミアイ)』

恋活・ライト婚活での利用なら、Omiai(オミアイ)が一番おすすめです。

女性は完全無料、男性も登録してお相手にいいね!を送り、1通目のメッセ―ジまでは無料で試すことが出来ます。

Pairsやタップル誕生などよりもユーザーの本気度が高く、遊びで登録している人が少ないと感じます。Facebook登録も不要、累計ユーザー数300万人を超え、確実に出会えるマッチングアプリの筆頭と言えます。

[btn class=”rich_pink”]Omiaiで、まずは無料でお相手を見てみる[/btn]

[btn class=”rich_yellow”]Omiaiについて もっと詳しく[/btn]

婚活アプリで一番おすすめなら『ゼクシィ縁結び』

女性も完全有料のため、本気度が高いのが非常に魅力的です。

ユーザー数こそPairsやOmiaiに譲りますが、あのゼクシィブランドなのも相まって、遊びで登録している人が少ない分、男女ともに非常に質の高い真面目な出会いが期待できます。(筆者も婚活アプリの中で、今一番手ごたえを感じています。)

[btn class=”rich_pink”]ゼクシィ縁結びで、まずは無料でお相手を見てみる[/btn]

[btn class=”rich_yellow”]ゼクシィ縁結びについて もっと詳しく[/btn]

累計会員数は700万人超え。『Pairs(ペアーズ)』

最後に、なんだかんだで一番出会えるという評判も高いPairsです。

お互いの趣味や好きなものでお相手を探せるコミュニティ機能などを備えており、日本でのマッチングアプリの実績はトップクラス。

女性は20台の若い女性も多く、なんだかんだで会えるマッチングアプリとして非常に人気が高いです。

最近はFaceboo登録もk不要になり、電話番号認証をすれば、女性完全無料、男性も1通目のメッセージまでは無料で始められます。

[btn class=”rich_pink”] 【Pairs】(R18)[/btn]

[btn class=”rich_yellow”]Pairs(ペアーズ)について もっと詳しく[/btn]

出会いのきっかけは、今はもうリアルでも、ネット(アプリ・Web)でも、ぶっちゃけ「どちらでも良い」と思います。大切なのはどこでより、誰と出会うかの方です。

この記事が、少しでもそのお役に立てれば嬉しいです。

関連する記事