2年半ガチで使い倒して分かった「本当におすすめ」のマッチングアプリ
恋活・婚活アプリ攻略

今後の影響は?Pairs(ペアーズ)がFacebook登録不要、Facebookの友達数非表示に。Facebook関連機能も終了へ。

▼▼▼追記:Facebook不要になった後の、最新のPairsの評価はこちらをご覧ください(2018年8月30日執筆)

あわせて読みたい
【ペアーズ 評価】Facebook登録不要・電話番号だけでOKのPairs(ペアーズ)レビュー。 Facebook登録が不要になり、登録へのハードルが下がったペアーズ。 当初僕はユーザーの質が落ちたり、業...

今後は、Pairsでは良質な出会いが難しくなる?

 
2017年11月からPairs(ペアーズ)でFacebook登録不要になり、さらに2018年5月9日にはFacebook関連機能の終了が発表されました。

これを受けて、今後Pairs(ペアーズ)はどうなっていくのか。ユーザーへの影響と、今後ユーザーがどう恋活・婚活していくのが良いのかを真面目に考えてみました。

まず結論から言うと、今後Pairs(ペアーズ)は、真面目な出会いを探しているユーザーにとっては、出会いにくく使いにくくなっていく可能性が高いです。

どういうことか、具体的に見ていきます。

「Facebook関連機能」終了(2018年5月9日)の影響は?

次項で解説する、「Facebook登録不要」よりは、ユーザーへの影響は少ないと考えられます。

しかし、例えば「Facebookの友達数」が極端に少ないと「登録の為にアカウントを作ったばかりの業者ではないか?」と推測したりすることが可能でした。逆に友達数が多すぎると「パリピやネットワークビジネスの危険があるかも?」といった推測をすることも可能でした。

つまり、今後は「Facebookの友達数」を指標として、お相手をジャッジすることはできなくなります。業者や不審なユーザーにつかまってしまう可能性は上がるかもしれません。

「Facebook登録不要」(2017年11月)は、どんな影響があった?

2017年11月に、Pairs(ペアーズ)はFacebook登録が不要になりました。この影響が下記のように、少しずつ出てきているなぁと筆者も感じています。

ライバルが増えて出会いにくくなった

Pairs(ペアーズ)スタートのハードルが下がり、ユーザー数は増加しているようです(現在700万人)。これは歓迎すべき事かもしれませんが、逆に言えばライバルも増えており、出会いにくくなっています。Pairs(ペアーズ)を2年以上使っている筆者も、最近のPairs(ペアーズ)はマッチングしにくく、実際に会うまでのハードルが高くなっていると感じます。

遊びや暇つぶしのユーザーが増えてきている

Facebook登録のハードルがあることで、良くも悪くもユーザーは慎重に登録していた側面があります。そのハードルがなくなれば、当然遊びや暇つぶしのユーザーが登録しやすくなります。真面目に恋活・婚活したいユーザーにとってはいい迷惑ですよね。実際、筆者もPairs(ペアーズ)で遊びのユーザーに捕まってしまった確率は、後述するマッチングアプリと比較してもかなり高いと感じています。

業者も入り込みやすくなってきている。

Facebook経由でのPairs(ペアーズ)登録が必須だった時代と比べ、年齢認証だけでよくなっているPairs(ペアーズ)は、業者にとっても参入のハードルが下がっていることになります。(Facebookアカウントの新規開設と、友達数を増やす手間がなくなる)

24時間365日の監視体制があるため、業者や不審なユーザーが極端に急増しているとは考えにくいですが、それでも年齢認証のステップだけで業者を振るい落とすのは困難です。Facebook不要になったことで、以前より業者が参入しやすくなっていることは覚えておいてください。

身バレしやすくなっている

Facebook登録が必須だった頃は、Pairs(ペアーズ)がFacebookの友達同士を自動でブロックして、お互いに表示されないようにしてくれていました。マッチングアプリを使用していることが、職場の同僚や身近な人にバレずに済むのならそれに越した事はない、と考えている方が大半でしょう。

このFacebookアカウントを利用した自動ブロック機能は、Facebook登録が必須のマッチングアプリの一番のメリットで、現在既にPairs(ペアーズ)はこの恩恵を受けられなくなってきています。

こうして見ると、初めはハードルと感じていたFacebook登録は、実はユーザーを守ってくれていた側面があり、その恩恵も大きかったといえます。

筆者もPairs(ペアーズ)に遊びで登録している会員の多さを目の当たりにしたり、2年前よりも実際に会いにくくなっている事を考えると、Facebook登録必須のメリットを改めて感じています。ただ、登録しているユーザーが一気に増えた恩恵も確かにあるので、一概に改悪とも言い切れないのも事実です。

Pairsの人気記事

Pairs(ペアーズ)のこちらの記事もよく読まれています。気になる方はどうぞ。

あわせて読みたい
【ペアーズ 年収】Pairsの年収って書くべき?出会った女性50人に聞いた本音。この記事では、Pairsで気になる年収のことを徹底的に掘り下げていきます。 Pairsは女性完全無料、男性も初回メッセージを送るま...
あわせて読みたい
【Pairs徹底攻略】Pairsで最速・最短で最愛の恋人と出会うために!大切なポイント11個。
【Pairs ペアーズ 徹底攻略】最速・最短で最愛の恋人と出会うために!大切なポイント11個。 この記事は男女共通で、Pairs(ペアーズ)でできるだけ早く、相性の良い素敵な恋人を作るために、大切なことをご紹介します。 ...
あわせて読みたい
【ペアーズで敬語をやめるタイミング】婚活マッチングアプリで敬語をやめて「タメ口」に切り替える、ベストなタイミングと注意点とは?(Pairs、Omiai、ゼクシィ恋結び、with他)
【ペアーズで敬語をやめるタイミング】タメ口に変える、タイミングと注意点は? いきなり敬語を抜いてブロックされちゃいがちな男性や、男性から敬語抜くの提案されて不審に思ってしまった女性は、ぜひ参考にしてみてく...

Pairs(ペアーズ)の代わりに、本当に出会えるマッチングアプリは?

上記を踏まえ、真剣にマッチングアプリで恋活・婚活をしたいのであれば、Facebook登録必須のマッチングアプリを使うことをおすすめします。

特に、with(ウィズ)、Omiai(オミアイ)、ゼクシィ恋結びの3つがおすすめです。

※4月25日よりOmiai(オミアイ)はFacebookアカウントがなくとも登録できるようになり、お互いがFacebookアカウントで登録している場合のみ、検索結果に表示されなくなりました。

実際筆者も、これらのFacebook登録系マッチングアプリで、真面目に活動している女性とたくさん会う事ができました。また、今の彼女が出来たのはwith(ウィズ)のおかげです。

withはマッチング精度が高く、実際筆者も相性の良いお相手と即日デートできたり、2人の女性とスピード交際に発展することが出来ました。

with(ウィズ)はメンタリストのDaiGoさんが監修しており、相性診断やお互いの共通点の多さでお相手探しができます。運営母体がイグニスという上場企業で、運営体制もしっかりしているのも嬉しいところ。

筆者の実体験から言っても、相性の良いお相手ととにかくスピーディに出会えるのがwith。無料会員登録をして2〜3日様子を見て、何人かとマッチングした状態で有料会員になれば、無駄なく効果的にアプリを始められます。

無料会員登録して、with(ウィズ)を始める

今後ユーザーの質が落ちていく可能性が高いPairs(ペアーズ)の代わりに、with(ウィズ)、Omiai(オミアイ)、ゼクシィ恋結びの3つで安心・安全に真剣なお相手を探していくことをオススメします。

とはいえ、Pairs(ペアーズ)の「700万人超えのユーザー数も捨てがたい…」という方は、サブ的な感じでPairs(ペアーズ)に登録するのが良いでしょう。

女性は完全無料、男性は女性とマッチングして1通目のメッセージを送信するまでは無料で使えるので、まずは2〜3日お試しでやってみるのはアリです。慣れてきたり大丈夫そうだな、と感じたタイミングで有料会員登録すると無駄なく活用できます。

関連する記事