2年半ガチで使い倒して分かった「本当におすすめ」のマッチングアプリ
ブライダルネット攻略

ブライダルネットに潜む危険人物・業者とその対処法を、30代婚活女子が徹底解説!

マッチングアプリで本名を名乗るタイミングは?フルネームを名乗る際の注意点も。【ペアーズ、Omiai、ゼクシィ縁結び他】

この記事を読むと、ブライダルネットに潜む危険人物・要注意人物。業者の傾向がわかります。

対処法も併せて解説しますので、ブライダルネットを安全に使う参考にしてください。

また、ブライダルネットの登録は下記からどうぞ。
ちょうど今なら、割引価格で始められる期間限定キャンペーンが開催されています。

まず結論。基本的にブライダルネットは安心・安全!

ブライダルネットでは個人の顔写真、職業、年齢、血液型、年収等様々な情報が公開されているので、リアルの婚活パーティーなどと比べて、無駄な手間を省きながら、安全に結婚相手探しが可能です。

登録者の年齢確認が必須となっており、IBJという上場企業によりクリーンな運営がなされているブライダルネットは、筆者もイチオシのマッチングアプリ・婚活サイトです。

しかしマッチングアプリには、必ず一定数の危険人物が紛れ込むのも事実です。ブライダルネットは他のマッチングアプリに比べても極めて安全性が高いと言えますが、危険な事例も100%無いとは言い切れません。

以下、具体的な事例を紹介しますので、注意して使用するよう心がけてください。

危険人物・業者・トラブルのパターンと、その傾向

ブライダルネットなどのマッチングアプリ・婚活サイトは、あくまでも結婚相手・恋人を探すツールです。しかし顔や年齢、職業などの情報を簡単に手に入れられることから、悪用する危険人物・要注意人物や業者が後を絶えません。その特徴や傾向についてご説明させて頂きます。

既婚者で登録している人

既婚者の登録者は不倫目的が多数で結婚の事実を隠しているため見抜くのは難しいです。
対策としては既婚者の方はフルネームや居住地などのプライベートな情報を明かすことを嫌がります。

またメッセージやコミュニケーションを続けていくと、どうしても会話や文面に不自然なところが出てきますから、それを見逃さないようにしてください。

体目当てのヤリモク男性

ヤリモクの男性からすればメッセージなんて面倒くさいだけです。そもそも相手を知る必要はなくどれだけ早く会えるかが重要なのです。

そのため、マッチングをしたらすぐにライン交換をしたがり、こちらが応じると言葉たくみに「キレイだね」「可愛いね」と褒めてすぐに会う約束を取り付けようとします。

男性が提案してくるデートの時間帯やお店、お店の周辺の環境については十分注意して下さい。

勧誘目的の人

特定の物を売りつける(マルチ商法)、相手の方が経営している会社への就労(キャバクラや怪しいモデル)を勧める等といったものがあります。

物を売りつけられた場合は「マルチ商法ですか。いりません。」とはっきり伝えし、お仕事の勧誘の際にも「全く興味がないので帰りたい」とお断りしてください。

宗教の勧誘目的

「あなたはもっと幸せになれる」「この聖書を一度読めばわかる」と宗教の理念や活動を事細かに話したがる信者ユーザーもいます。

宗教勧誘をする方はその行為に対し悪いことをしている意識がありません。また「宗教ではない」などと食い下がってきてもそれは間違いなく宗教です。

ネットワークビジネスの勧誘目的

代表的なものといえば「アムウエイ」です。
アムウエイの方は職業欄に人生アドバイザーなどの何をしているのかわからない職種、「ストレスフリーに生きていこう」「不労所得」などを掲げる傾向にあります。そして「友人の講演会についてきてほしい」「大人の運動会をする」といった謎のイベントに誘われます。イベントに参加すると商品購入するまで帰れませんので絶対に参加しないようにしましょう。

転売・塾・投資などへの勧誘

お子様がいる方だと「子供の成績をあげたくないか」と塾に勧誘をしたり、投資に興味がある方には「この株を買ったら3か月で収入が3倍になった」などその方々の生活の状況につけこんだ勧誘もあります。

これらは、あなたとの交際には全く関係のない話です。そんなうまい話はありませんので乗らないようにしましょう。

結婚詐欺

出会ってすぐに結婚の話題をだしたり、結婚するのだからと金銭や物品を要求してくるのは典型的な結婚詐欺の手口です。

過度な愛情表現や、褒め殺すことで愛されているのだと思い込み信用をさせてから本性をだしてきます。付き合う前から金欠でお金がないなどといっている方は既に怪しいかと思います。

18歳未満のお相手

登録時に年齢確認をするとはいえどうしても未成年の方がいます。未成年に読者様が騙されて会ったとしても相手が未成年故に読者様が加害側として扱われてしまう場合もあります。

対処法としては「少し前の時代に流行したもの」や「仕事内容の詳細」を電話で聞いてみて下さい。経験がないことを質問されれば、しどろもどろな回答になると考えられます。

危険人物・業者への対処法

ブライダルネットのようなマッチングアプリは、本来目的を持った人のみが使用すればかなり安全で安心なツールになります。しかし悪用する危険な人物がいるのも事実です。

どんな方に出会ったとしても冷静に、一定の疑いの目を持って接するというのは大切です。

また危険な業者や人物の話を聞いているのは時間の無駄です。このような人物や業者に遭遇した場合には、「興味がない、必要ない」と断言し断る勇気をもって下さいね。

安心安全のブライダルネットへの登録は下記からどうぞ。

また、今ならブライダルネットを割引価格で始められる、期間限定キャンペーンを開催しています。詳しくは下記をご覧ください。

あわせて読みたい
【最新割引キャンペーン!】ブライダルネット公式の割引クーポン&セール情報を解説。
【最新割引キャンペーン!】ブライダルネット公式の割引クーポン&セール情報を解説。【公式クーポンコード】使用でブライダルネットが1000〜3000円安く!どこよりも正しい割引クーポン取得方法、使い方、注意点解説。...
関連する記事